医者

治せる目の病気

眼精疲労

飛蚊症はその名のとおり、実際には何もないのに視界に蚊が飛んでいるような黒い小さな物体が見えるようになってしまう病気です。飛蚊症は目の硝子体を満たしている液が濁ってしまうことが原因で起こるのですが、そのように液が濁ってしまう原因としては生まれつき、ブドウ膜炎などといった別の目の病気、転んだりして目に刺激が与えられてしまう、老化などといった原因が挙げられます。飛蚊症の治療に関しては、眼科で硝子体を切除する手術を受けることによって治すことができます。この手術に関しては、技術が進歩したことによってレーザーでも受けることができるようになり、目の手術であるとかなり高い技術を要しますが、安全性が高まりました。

飛蚊症は網膜はく離の初期症状であることもあります。この網膜はく離は、目の硝子体が老化などによってだんだん液体化し、それが原因によって網膜が硝子体に引っ張られ、網膜と硝子体の間に裂け目ができ、その裂け目の間に液体化した網膜が入ってしまうことによって引き起こされ、視界が狭い、視力が急に一気に落ちる、飛蚊症などといった症状を引き起こします。網膜はく離の際の飛蚊症の原因に関しては、裂け目ができたときに出血してしまうことが原因となっています。網膜はく離は最悪失明もありえる病気であり、飛蚊症は老化などが原因だから放置しておいても問題ないと考えて病院へ行かないということは良くありません。飛蚊症のような症状があるのであれば、病院へ行き、医師からの診断を受けましょう。

最新記事一覧