医者

40歳以上に多い目の病気

視覚障害や失明のリスク

悩み

性別に関係なく中高年になると目の衰えが気になってきます。しかし、目の衰えと自己判断して放置していると失明や視力の低下に繋がる場合があります。特に気を付けたいのが日本人の失明原因の1番として挙げられるのが緑内障という目の病気です。緑内障は目の神経に障害が起こる病気です。私達の目は片方の目に障害がおきていても、もう片方の目で見えない部分を補うので気づきにくいのです。片方の目で見た時に視野が欠けて見える、目の奥が痛い、吐き気や頭痛がする症状がある場合は急いで眼科を受信して下さい。両親や兄弟に緑内障の方がいる場合は発症しやすいといわれていますので症状を感じたら早急な治療が必要です。治療は症状の進行によって点眼剤や手術、レーザー治療が行われます。治療を早く始めることで視力低下や失明を防止することができます。

目のレンズが白く濁る病気

緑内障は目の神経に障害が起きておこる病気でした。同じように40歳を過ぎた頃から発症しやすいのが白内障です。白内障は高齢者の殆どが発症しているといわれています。白内障は水晶体が白く濁る病気です。水晶体は目のレンズの役割があるので、白内障になると視界が白くかすんで見えたり霧がかかったように見えたりします。また、物が2重に見えたり、光が眩しく感じるという症状が出る場合もあります。これは、老人性白内障と呼ばれているもので老化が原因でおこります。しかし、若い方でも目の炎症やアトピー等が原因で白内障になる場合もありますので、症状を感じた場合は眼科で診察を受けましょう。治療は、点眼薬や手術が行われます。手術は、白く濁った水晶体を取り除いて新しいレンズを目に付けます。手術は30分以内と短時間で終わりますので日帰りも可能です。

最新記事一覧