夫婦

豆知識や今後の動向

目

緑内障とは目の眼圧が高くなることで視野が欠けてくる病気のことです。一般的には目の中の房水がたまり、眼圧が上がってきてそれが視神経を圧迫していくといった特徴があります。緑内障の大きな特徴としては使ってはいけない薬が色々とあることかもしれません。これは豆知識として知っておくと良いでしょう。代表的なものが抗コリン作用を持つ薬です。抗コリン作用を持つ薬には眼圧を上げる作用があるため、緑内障を持っている人には使うことが出来ないとされています。抗コリン作用を持つ薬はたくさんあり、一部の抗アレルギー剤や排尿障害治療薬などがあります。そのため緑内障を持っている人は、あらかじめ医師や薬剤師にその旨を伝えて相談すると良いでしょう。

緑内障で治療を受けている人も多いかもしれません。緑内障は眼圧が上昇して視神経を圧迫する病気です。また緑内障は原因ともなるのでしっかりした治療が必要な病気でもあります。また日本国内における緑内障の患者数は増えているともいわれています。ある調査では2002年時点では約55万人程度であった患者数が、約10年後には70万人を超えるまでに増えているというのです。また失明原因についても、糖尿病性網膜症を抜いて1位にもなっています。このような背景から目の病気について最も克服しなければならないのは緑内障と言っても良いかもしれません。そして新たな治療方法や新たな治療薬など、緑内障に対する新たな治療技術の開発も望まれているのです。

治せる目の病気

眼精疲労

飛蚊症は視界に蚊が入ってきているような黒い物体が見えてしまうようになる病気です。この病気にはさまざまな理由があり、網膜はく離の初期症状にも含まれます。網膜はく離は最悪失明もありえる病気なので気づいたら早めに病院へ行きましょう。

詳細を確認する...

失明の恐れがあります

医者と看護師

緑内障とは、瞳孔内部が緑色に見えることから付けられた病名で、次第に視野が狭くなり失明することもあります。眼圧の上昇により視神経がダメージを受けることで起こるのですが、いくつかの種類に分けることができます。定期的な検査が重要で、信頼できる眼科医による治療が必要です。

詳細を確認する...

40歳以上に多い目の病気

悩み

40歳を過ぎた頃から発症する目の病気として挙げられるのが、緑内障と白内障です。緑内障は治療が遅れると視力低下や失明のリスクが高くなります。点眼薬や手術で早急に治療を始めることでリスクを減らすことができます。白内障は目のレンズが白く濁る病気です。点眼薬や短時間の手術で視力低下を防止することができます。

詳細を確認する...